糖尿病の保険のデメリットは?

糖尿病の保険のデメリットは?

糖尿病の保険のデメリットは?

糖尿病の保険のデメリットは何?

糖尿病でも加入できる保険のデメリットで一番はじめに思い浮かんだ事は、やはりコレですね!

 

一般的な保険商品よりも保険料が割高になること!

 

告知が緩く持病があっても入れる医療保険や終身保険は、保険料が割高に設定されています。
ある意味、仕方がない事ではありますが・・・でも高いです。

 

ちなみに通常の医療保険でも肥満体や喫煙者の場合、保険料が高くなるケースがあります。
肥満や喫煙は、生活習慣を改める事で改善できます。

 

その他、糖尿病でも入れる保険のデメリットとしては、保障内容に制限があることです。
死亡保険金が少なかったり、保障期間が少なかったりします。

 

でも大丈夫です!

 

糖尿病でも加入できる生命保険商品、かなり数が増えてます。

 

健康状態、糖尿病の型、治療期間、年齢等々でも選べる保険商品が多様化してます。
ひとつひとつ保険商品のカタログを取り寄せるのも面倒臭いので専門家に委ねるのもお勧め。

 

保険の専門家に無料相談してみませんか?

 

ただし、無料アドバイサーの中には、中立を謳っていても代理店の販売手数料目的で保険商品を勧める人もいるので、有料のアドバイサーに相談するのがいいです。

 

お金が勿体ない!?という方は、複数の無料アドバイサーに相談してみて、その中から自分に合う保険商品を決めてみてはいかがでしょうか?

 

私も実際に無料アドバイサーに相談しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
保険相談

オススメの糖尿病保険 糖尿病保険で注意すべき事 糖尿病保険の無料相談 保険見直しの体験談