掛金が一番安い糖尿病の保険は?

掛金が一番安い糖尿病の保険は?

掛金が一番安い糖尿病の保険は?

掛け金が一番安い糖尿病の保険は?

生命保険でも医療保険や終身保険、低解約返戻金型や払込期間によっても保険料は違うので、どこが一番安いというのは断言できませんが、とりあえず、安いと言われるところでは、メットライフアリコやアフラックがあります。

 

どちらも 引受基準緩和型保険 を取り扱っています。

 

ここで、どのくらいの保険料になるのか40歳男性でシュミレーションしてみました。

 

その結果、入院日額5千円・手術1回5万円の場合、メットライフアリコの医療保険「ずっとあなたと」月額保険料4,160円、アフラックの医療保険「もっとやさしいEVER」3,600円になり、若干、アフラックのほうが安かったです。

 

告知が簡単で持病があっても加入できる引受基準緩和型の医療保険は、どうしても保険料が割高になってしまいます。

 

高い保険料を毎月支払っていくよりも・・・

 

割高な保険料を毎月支払う替わりに、貯金していく方法もあります。
毎月5千円ずつ医療用の貯金をしていく方法だと、1年間で6万円貯まります。

 

私たちが使える公的な健康保険制度に 高額医療制度 があります。
医療費が月に約8万円以上超えた場合、超えた分が戻ってくる制度です。
(収入や年齢でもっと優遇される場合がある)

 

高額医療制度があるのでひとまず安心できると思います。
まずは、高額医療制度の上限8万円まで毎月貯めてみてはどうでしょうか?

 

このあたりは、保険のプロといわれるFPにアドバイスをもらうといいです。

 

FPに保険の無料相談してムダな保険料を削る

このエントリーをはてなブックマークに追加  
保険相談

オススメの糖尿病保険 糖尿病保険で注意すべき事 糖尿病保険の無料相談 保険見直しの体験談